あれま心配やね

 日本ハムの3選手が18日、宿舎静養に専念することが決まった。

 瀬川隼郎投手(30)は名護市内の病院で診察を受け、溶連菌感染症によるへんとう炎と診断された。症状が治まるまで宿舎で静養しながら、状態を確認して練習を再開する予定。

 谷口雄也外野手(24)は、右膝周辺の接触性皮膚炎と診断。数日間、患部を安静にしてから練習を再開する予定。

 近藤健介捕手(23)はインフルエンザA・B型とも、陰性と診断。頭痛、関節痛のため大事を取ることになった。明日以降は、状態を見て練習に参加する予定だ。


まぁ疲れも出て来るころだしなぁ。

近藤はインフルではなくてよかったね。

まぁここは無理するとこじゃないからね。

なんとか頑張ってほしいね。


町田デリヘルで遊ぼう

投稿日時:2017年02月24日

ページトップへ
Copyright (C) Codutop Blog All Rights Reserved.