土用丑の日にウナギイヌが!

 西武の安打製造機がまたひとつギアを上げてきた。

 秋山翔吾が25日のオリックス戦で4打数4安打の固め打ち。打率を.330に上げ、柳田悠岐(ソフトバンク/.323)を抜いてリーグトップに浮上した。

 この日はちょうど土用の丑の日。『天才バカボン』でおなじみ“ウナギイヌ”に顔が似ているということはオフに出演したバラエティ番組の影響もあって西武ファン以外にも徐々に知れ渡っていっているところであるが、そんな秋山が“特別な日”に今季初となる1試合4安打の大活躍とあってファンは大いに喜んだ。

 直近5試合では20打数11安打の打率.550、1本塁打で7打点。出塁率は.609という驚異の成績だ。安打数もリーグトップの113本を数え、シーズン最多記録を樹立した2015年以来となる最多安打のタイトルへ向けて突き進んでいる。


いやぁ秋山絶好調おだね。

いっときヒット出ない時期もあったりしたけど。

柳田の三冠王を阻むのはやっぱり秋山だね。

なんとか頑張ってほしいね。


新横浜デリヘルで遊ぼう
新横浜デリヘルでお仕事しよう

投稿日時:2017年08月02日

ページトップへ
Copyright (C) Codutop Blog All Rights Reserved.