そりゃそうさ!

 絆は永遠だ。ポスティングシステムで広島からドジャースに移籍した前田健太投手(27)が22日、自らトップを務めるグループの存続を明らかにした。

“チーム・マエケン”は前田を慕う広島の大瀬良大地(24)、中崎翔太(23)、中田廉(25)に阪神・藤浪晋太郎(21)を加えた越境ユニット。昨年は合同でトレーニングを行い話題となった。

 この日、マツダスタジアムに隣接する屋内練習場で自主トレを公開した前田は、ドジャースのTシャツで出迎えた広島の若手投手陣とリラックスした表情で汗を流した。しかし、揃った仲間は大瀬良と中田の2人。先発に転向する大瀬良からは「野球への姿勢も技術も学べる貴重なチャンス」と再習得中のチェンジアップの教えを請われたが“リーダー”が海を渡れば、チーム解散の危険性もゼロではない。

 これに前田は「いや、これからも連絡は取り合いますよ」と否定。LINEのグループ作成の可能性もあるといい「いつでも相談に乗ります」と笑顔を見せた。


それこそオフの時期とかね!

いくらでもあるしのー。

こういうのは大事だよね。

みんな頑張って欲しいね。


八王子デリヘルで遊ぼう
八王子デリヘルでお仕事しよう

投稿日時:2016年01月25日

ページトップへ
Copyright (C) Codutop Blog All Rights Reserved.