大隣がどこまで

 ソフトバンク大隣憲司投手(31)が23日、昨年8月に左肘の手術を受けて以来、初となるブルペン投球を行った。

【写真】ソフトバンク大隣500万円減「悔しいのが1番」

 福岡市東区の西戸崎室内練習場で、捕手を立たせて30球。1球1球、確かめるように投げた。大隣は「怖さがなかったのが何より。これから徐々にマウンドの傾斜に慣れていきたい」と笑みを浮かべた。今後は球数を徐々に増やしながら、キャンプインに臨む。


やれるかにかかってるね。

開幕には間に合いそうで良かったね。

さてどうなるかなぁ。

キャンプインもうすぐでわくわくじゃ。


新横浜デリヘルで遊ぼう

投稿日時:2016年01月25日

ページトップへ
Copyright (C) Codutop Blog All Rights Reserved.